BLOGブログ

掃除
汚れを溜めない!こまめなサッと掃除のススメ(洗面台編)

こんにちは、西尾です(‘◇’)

年末の大掃除を頑張ったみなさんお疲れさまでした!

私たちが家事代行で伺っているお宅でも、照明を拭いたり換気口掃除ををしたり、年末は大掃除感がありました。

 

どうしても溜まった汚れを一気に落とすというのは大変ですよね。

重い腰がさらに上がらなくなります…。

 

そこで今年は汚れが溜まる前にちょこちょこ掃除できるように

私が試し始めたことをご紹介したいと思います。

 

 

〇一番目につくのが鏡の汚れ

さあ手を洗おうと洗面台の前に立って、一番初めに見るのが鏡です。朝の身支度をするときも、鏡はキレイな方がいいはず!

水が飛んだ跡、歯磨き粉が飛んだ跡など、どうしても毎日汚れる鏡は毎日拭きます。

拭くタイミングは、「洗濯機にタオルを放り込む直前」です!

我が家は手や顔を拭くタオルとお風呂あがりのバスタオルは毎日取り換えて洗濯するので、洗濯機に入れる前にサッと鏡を拭きます。

IMG_2201

 

※毎日拭いていると汚れはほんの少しなので、私はハンドタオルやバスタオルでも気にせず拭いていますが、

「手を拭くタオルとは分けたいわ(´・ω・`)」という方は、洗面所掃除用タオルをいつも洗面所に置いておくことをオススメします。

 

IMG_2203

 

 

 

〇水垢を溜めると厄介な洗面ボウルの掃除

洗面ボウルは、汚れが目につく頃には、かなり汚れが溜まっていることが多いです(ザラザラのままを放置するとスポンジだけでは取れない!)。

メラミンスポンジや重曹などで水垢を取って…というのは少しやる気が必要です。

そこで、いつでもサッと掃除できるように、タオルハンガーにスポンジを引っ掛けました。

 

IMG_2199

スポンジはきちんと乾かせた方がいいので、直置きするより吊るせた方が良いと思います。

すぐ取れる所にあれば、さっと水を流しながらスポンジでさーっとこすって10秒で掃除できます。

 

IMG_2200

 

「すぐに手に取れる場所にある」というのがポイント!

 

 

〇放置しがちな排水口の掃除

排水口は放置すればするほど掃除に時間がかかります。サッと掃除は難しい…!

私は洗面ボウルを掃除するタイミングで排水口も洗っています。

自分で「掃除のタイミングを決める」ことをオススメします。

(休みの日、週1パックをしている間、ヘアアイロンを温めている間、etc…)

すぐ使える場所に排水口を掃除する歯ブラシなどがあるとさらに良いです。

 

 

〇まとめ

水まわりの中でも、洗面所は割とサッと掃除がしやすいと思います。

 

・掃除するタイミングを決める

・すぐ手に取れるところに掃除道具を配置

 

ポイントはこれだけです(‘▽’) 他の水まわり掃除にも共通して言えるポイントです。

 

やらなきゃ!と思わずにできるタイミングでこまめに掃除しておくと、ストレスもそこまで感じない気がします。

(私は去年まで休みの日にまとめて全部掃除していたので、だんだん億劫になっていました。)

 

収納棚の拭き掃除などは余裕のある時やお掃除モードの時に頑張りましょう!

まとめて掃除が面倒な方はお試しください^^

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

お部屋のお掃除・お片付けは、札幌の家事代行・ハウスクリーニングのライトハンズにおまかせ下さい!

┏お問い合わせ

📞0120-900-266 

 (10:00 – 20:00 年中無休)

▼メールでのお問い合わせはこちらから▼

https://right-handz.com/contact

(メールフォームが開きます)