SERVICE家事代行サービス

ライトハンズのトイレ掃除

便器・ウォシュレット・タンクの給水口など、入念に掃除をしなければない箇所が多いトイレ。一度汚れがこびりついてしまうと、傷をつけずにきれいにするのは大変です。トイレ掃除の大原則はこまめに掃除をして汚れの蓄積を防ぐこと。ライトハンズは、適切な洗剤とプロの技術を用いて、快適な空間をご提供いたします。

_DSC5256_2

プロが教えるトイレ掃除のコツ

適切な方法で掃除をしなければ、時間を無駄にするだけでなく、便器に傷をつけて汚れやすい状態にしてしまうことにもなりかねません。汚れの状態や原因、対象の材質を見極めながら、ふさわしい用具や洗剤をつかってきれいにしましょう。

■便器の内側
尿石が付着しやすいフチの返しの部分には、酸性洗剤をトイレブラシで丁寧に塗布します。汚れがひどい場合には、ペーパータオルに洗剤を含ませて貼り付けておき、その後に擦り洗いをします。

■ウォッシュレット
ノズルの部分には細かい溝があり、汚れがすき間に入り込んでいるので、歯ブラシ型ブラシや綿棒をつかって丁寧に掃除をします。

■給水タンク
タンク上部にある水受け皿の部分は中性洗剤で擦り洗いします。吸水口とタンクの接合部の黒い水垢は、プラスチックスクレイパーで削り取り、重度の汚れの場合は、クリームクレンザーをつかって擦り洗いをした後に中性洗剤で拭き、さらに水拭き・乾拭きをします。

■その他
便座やフタ、ウォシュレットのスイッチ類、便器外周は、中性洗剤で拭いた後、水拭き・乾拭きします。

原因も対処法もさまざま。しつこい汚れ

汚れやすく、掃除に手間がかかるトイレ。汚れの原因がいくつもあることも、掃除が大変な原因のひとつです。便器やタンクなど、場所によっても汚れ方は違ってきますので、それぞれに応じた対処が必要です。

■水垢
タンク上部の水受け皿や蛇口などに生じる白っぽい汚れ。水道水に含まれるミネラル分が固まったものです。放っておくと、ブラシでこするくらいでは落ちなくなってしまいます。

■黄ばみ
便器の内側に生じる黄色っぽい汚れは、尿石が堆積したものです。この汚れをそのままにしておくと、徐々にアンモニアなどのガスが放出され、悪臭のもとになります。

■黒ずみ
便器の内側に生じる黒い汚れの原因はカビや雑菌。あまり使わないトイレでも、こまめに掃除をしていないといつの間にか黒ずんでしまいます。初期のうちにきれいにしておかないと、落としにくくなってしまいます。

定期的な掃除が不可欠

トイレをきれいに保つための一番のコツは、汚れをためこまないこと。放置してガンコな汚れになってしまうと、お客さまが来る直前に掃除を始めても、きれいになってはくれません。一度完全にきれいにしてから、定期的に掃除をするようにしなければならないのです。そのような時間がとれないという方や、自分では手に負えないという方は、ライトハンズにお任せください。プロの技術でトイレをピカピカにいたします。

※上記掲載事項は一般的な事例であり、掃除方法はそれぞれのご家庭の素材、汚れの内容により異なります。