SERVICE家事代行サービス

ライトハンズの掃除機掛け

掃除の基本となる掃除機がけ。部屋をきれいに保つためには、ただ掃除機をかけるのでは不十分です。ライトハンズは、家事代行サービスならではのノウハウを用いて、短い時間で室内をくまなくきれいにします。

_DSC3798

ライトハンズの掃除機掛けのコツ

普段の生活の中で部屋のさまざまなところにたまり続けるゴミやほこり。吸い残しなくきれいにするためには、コツが必要です。掃除機のかけ方を誤ると、ほこりを舞い上げてしまって逆効果にもなりかねません。

■準備
掃除機は細かいところが苦手なので、家具などを移動させてから掃除を始める必要があります。床や壁にキズをつけないよう、状況にあわせて養生も行います。

■掃除機掛けの基本
吸い残しを避けるため、掃除機のノズルはゆっくりと動かすのが基本です。特にカーペットの場合、中にゴミやほこりが入り込んでいますので、繊維を吸い上げるようにしながら、丁寧に掃除機をかけていきます。また、ノズルを押し付けすぎると吸引力が落ちるので、すべらせるように動かして無駄なく掃除を行います。

■掃除機をかける方向
フローリングや畳の場合、目地に沿って掃除機を動かすことで、すき間に入り込んだゴミやほこりも吸い取ることができます。カーペットの場合も、目の方向にあわせて掃除機をかけることで、きれいに仕上げます。

ハウスダスト対策

アレルギー疾患の原因になり、ぜんそくや鼻炎を引き起こすハウスダスト。効率良く掃除機掛けをして一掃します。

■ハウスダストって何?
ハウスダストといっても、内容はさまざまです。衣服や寝具類から出るほこり、人やペットの毛やフケ、食べもののカス、ダニやダニのフン、カビの胞子や花粉などなど、目に見えないハウスダストが屋内にはたくさんたまっています。

■ハウスダスト掃除の準備
掃除機をかけてもハウスダストが舞い上がるだけでは意味がありません。まず、空気を掻き回すエアコンをとめ、窓を2ヶ所以上あけて、きちんと換気をします。

■拭き掃除がおすすめ
最初にモップやぞうきんで水拭きをしておけば、ハウスダストが舞い上がることは避けられます。必要であれば、床を拭くところから始めて、対応します。

ホコリをためないために

片付いていないお部屋だと、定期的に掃除機をかけていても、思った以上にホコリがたまっています。このホコリは、服やじゅうたん・布団などの糸くずや、ダニ、カビの胞子などが集まったもの。単に美観を損ねるというだけではなく、人体に悪影響を及ぼします。

■アレルギー
ホコリ1gの中には、何千匹ものダニがいるのだとか。このダニごとホコリを吸い込んでしまうと、アトピー性皮膚炎や小児ぜんそく、目のかゆみなどの原因になります。

■食中毒
食中毒の原因になるセレウス菌や黄色ブドウ球菌はホコリの中にも存在します。小さなお子様がいるご家庭では特に注意が必要です。

思ったより大変な掃除機掛け

掃除機をただかけるだけでは、きれいにはなりません。毎日、きちんと準備をして掃除機をかけることが大切です。できれば、ほこりが舞い上がっていない朝に行うのがおすすめ。お部屋を快適な状態に保つのに不可欠なのが適切な掃除機掛けです。お忙しい方はライトハンズにお任せください。

※上記掲載事項は一般的な事例であり、掃除方法はそれぞれのご家庭の素材、汚れの内容により異なります。