SERVICE家事代行サービス

ライトハンズのレンジフード(換気せん)掃除

お掃除をするのが大変で面倒な台所の換気扇。
年末などの特別なタイミングでしかきれいにしないという方も少なくありません。でも、長い間掃除をしないでいると、見た目が悪いというだけではなく、換気性能が落ちたり、嫌な匂いの元になったりします。気になってはいるけど…という方は、プロにお任せください。内側まで徹底的にきれいにいたします。

換気扇掃除が必要な理由

高いところにある換気扇のお掃除はなにかと大変です。簡単に手が届くところだけきれいにしておく、ということになりがちですが、見た目だけきれいにしても不十分です。フィルターやファンがベタベタの油汚れで目詰まりしたままでは換気扇がちゃんと機能しないので、キッチンが汚れやすくなってしまいます。その上、内側の汚れを放っておくと、塗装が剥がれて、換気扇が汚れやすくなる原因にもなり、換気扇の寿命も短くなります。快適な暮らしのためには、面倒なようでも、定期的なお掃除がいちばんです。

ライトハンズの換気扇掃除のコツ

ライトハンズは、換気扇の状態を見て、最適な方法でお掃除をします。なので、効率良く、より短い時間で作業を終えることができます。
※レンジフード(シロッコファン)タイプ、プロペラファンタイプのどちらでも対応可能いたします。

作業の流れ

1.準備
シンクが傷ついたり、換気扇の油で周囲が汚れたりすることを避けるため、新聞紙などで保護します。作業中にファンが回ると危険なので、換気扇の電源プラグは必ず抜いておきます。

fan01  
作業を始める前にシンクの保護をしっかりと。  

2.分解
取り外せる部分をすべて外します。レンジフードタイプの場合は、フィルターやフードを外し、その奥のシロッコファンも取り外しておきます。

3.浸けおき
分解した部品を、洗剤を入れた40℃以上お湯に浸けておきます。

4.本体の掃除
レンジフードなどの取り外せない部分の汚れを落としていきます。ひどい汚れの場合は専用の薬品を、それほどひどくない場合は重曹やセスキ炭酸ソーダを使います。

fan02 fan03
掃除しにくいレンジフード内の換気扇。 セスキや重曹で汚れを落とします。

5.部品のこすり洗い
洗剤に浸けおきしておいた部品の汚れをブラシやスポンジできれいにします。
汚れの落ち具合によっては、浸けおきとこすり洗いを繰り返します。

fan04  
シロッコファンは外してきれいに。  

6.組込・片付
きれいにした部品を乾拭きした後、換気扇を元どおりに組み立て直します。新聞紙などを外し、作業完了です。

キッチンはいつもきれいに

おいしい料理をつくるためには、まずキッチンをきれいにしたいものですね。換気扇が汚れていると、気分が悪いだけではなく、嫌な匂いの原因にもなるので、いつもきれいにしておきましょう。お掃除をする時間がないという方や、汚れがたまってしまってきれいにするのが大変という方は、ぜひ家事サービス、ライトハンズにお任せください。一度徹底的にきれいにしておくと、後のお掃除も楽になりますので、まずはプロの技術をお試しください。