SERVICE家事代行サービス

ライトハンズの台所掃除

ちょっとでも掃除をしないでいるとすぐに汚れがたまってしまうキッチン。食べものを扱う場所なので衛生面には特別注意を払わなければなりませんが、きれいな状態を保つためには、手間とコツが必要です。ライトハンズは、普段の掃除では手が回らないレンジフードや収納棚までしっかりとサポートいたします。

_DSC4698

キッチンを隅々まできれいにするコツ

シンク、ガスレンジにレンジフード、収納棚……。それぞれ汚れ方が違い、それに応じて掃除の仕方も違ってきます。一見きれいなようでも、実際には汚れているということが多いので、ひとつひとつきっちりと掃除をしていく必要があります。

■シンク
流し台の汚れは、クリームクレンザーを全体に塗り込んで10分程度おいた後、プラスチックスクレイパーで削り落とします。排水口などの細かいところの汚れは、歯ブラシ型ブラシや綿棒をつかって丁寧に落とします。全体を水拭きした後には、カビの発生を避けるために、乾拭きも忘れずに行います。

■ガスレンジ
使うたびに油汚れが生じるガスレンジ。本体とともに、ガスの元栓やホースもきれいにしておきましょう。上部のガステーブルは、アルカリ洗浄液を塗布して10分程度おいた後、擦り洗いをします。焦げ付きはプラスチックスクレイパーをつかって削り落とし、汚れが固まっている場合にはクリームクレンザーを使います。五徳・グリルカバー・焼き網なども形状や状態に応じてプラスチックスクレイパーやワイヤーブラシ、ハンドパッドを使って擦り洗いを。元栓やホースは、プラスチックスクレイパーやワイヤーブラシで油汚れを取り除いた後、洗浄液を塗布して擦り洗いをします。そして最後に、全体を水拭き・乾拭きして仕上げとなります。

■レンジフード
真下のガスレンジの上に新聞紙などを敷いてから、レンジフード全体にアルカリ洗浄液を塗布。洗浄液がついていない部分の汚れは落ちないので、塗り残しのないように丁寧に作業します。10分程度おいた後、ハンドパッドで擦り洗い。角や接合部には、プラスチックスクレイパー・ワイヤーブラシ・歯ブラシ型ブラシ・綿棒を使って、細部まで汚れを落とします。その後で水拭き・乾拭きをします。

■収納棚・キャビネット
弱アルカリ性洗剤洗剤やダスターを使って全体を拭き、細部にはハンドパッド・歯ブラシ型ブラシを使います。水拭きした後、乾拭きで仕上げます。

油汚れだけではないキッチンの汚れ

台所掃除で面倒なのは、レンジだけでなく周囲まで飛んでしまう油汚れ。キッチン特有の汚れの原因はその他にもあり、きれいにするためには、それぞれにあった方法を知っておかなければなりません。

■油汚れ
ベト付きが生じる油汚れ。固まってしまっている場合には、傷つけないように注意しながら、プラスチックスクレイパーなどで削り落とす必要があります。

■水垢
水道水のミネラル分が固まった白っぽい水アカ。固まってしまうと取り除きにくくなるので、こまめな掃除が必要です。

■カビ・ヌメリ
カビや細菌もシンクの汚れの原因。こまめに掃除していないと、ヌメリや黒ずみが生じ、悪臭の元になります。

いつも衛生的なキッチンに

シンクやレンジ周りの掃除を毎日している方でも、キッチン全体をきれいにするのは大変。忙しくて掃除ができていなかったという場合には、もっと大変になってしまいます。普段の掃除はもちろん、年末の大掃除や、ホームパーティーなどで人を呼ぶ前にも、手が回らないという方は、ライトハンズにお任せください。プロの技術で、料理をするのが楽しくなるきれいなキッチンに仕上げます。

※上記掲載事項は一般的な事例であり、掃除方法はそれぞれのご家庭の素材、汚れの内容により異なります。