BLOGブログ

掃除
お掃除用洗剤 マメ知識④~色々な所に万能なセスキ編~

こんにちは。ライトハンズスタッフの西尾です。

重曹、クエン酸と続いてきたこのシリーズ、今回はセスキ炭酸ソーダについてです。

 

セスキ炭酸ソーダ

0613f0effd2d6976033855f23e5b82ae_s

重曹との違いは水に溶けやすく、アルカリ性が強いため洗浄力が強力な点です。

また、重曹にはない炭酸ナトリウムの効果があるので汚れを浮かせてくれます。

洗浄力が強い割には手荒れの心配が少ないのですが、それでも肌には負担がかかるので気になる方はゴム手袋を付けましょう。

 

 

セスキ炭酸ソーダは水に溶かして作り置きができます。スプレーボトルに入れておくと便利です!

500mlの水に対し小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かして使います。

 

 

※セスキ炭酸ソーダを使うときの注意点※

セスキ炭酸ソーダはアルミに使うと黒ずんでしまいます。

畳や天然素材のカーペット、木製家具などは変色してしまう場合があるので使わないように気を付けましょう。

 

 

 

レンジフード周り、換気扇

セスキ炭酸ソーダは油汚れに効果的です。

汚れた部分にスプレーし、しばらく置いて汚れを浮かせてから拭き取るときれいになります。

それでも落ちない頑固な汚れの場合は、キッチンペーパーに染み込ませて上から貼り、しばらく置いてから拭き取りましょう。

 
お風呂の黒カビ・水アカ

お風呂の黒カビや赤い水アカ、排水口のヌメリ取りに効果があります。

バスタブなどの広い範囲に吹き付けてスポンジでこするだけでキレイになります。

 

 

 

↓セスキ炭酸ソーダを使った記事はコチラ。ぜひ参考にしてみて下さい!

あらゆるところにセスキ炭酸ソーダ❶

あらゆるところにセスキ炭酸ソーダ❷

あらゆるところにセスキ炭酸ソーダ❸

あらゆるところにセスキ炭酸ソーダ❹

車内のシミ除去

 

重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダと3種類の紹介をしてきましたが、

これらの共通したポイントは、市販の洗剤に比べてコストが抑えられ、環境にもやさしいというところです。

場所や汚れによって3つをうまく使い分け、年末の大掃除にぜひお役立てください(^^)

 

▼ライトハンズの大掃除キャンペーンはこちら!▼
http://right-handz.com/news/post-1959.html
(別ウィンドウが開きます)