BLOGブログ

掃除
大掃除に使える マメ知識①

最近気温もぐっと下がって冬の足音が聞こえてきますね。 ライトハンズスタッフの高畑です。

今年も残すところあと2カ月ちょっと。 年末といえば大掃除の季節ですね。

しかし一気にやってしまおうと思ってもなかなか難しいので、今のうちから少しずつ気になる部分を片付けていきたいものです。

そこで身の回りの意外なものを使ってのお掃除テクをご紹介します。

 

今回はこちら!

 

78dfe4fb4d10b9928b4b45b47896c620_s

 

炭酸水です!

コンビニやスーパー、ドラッグストアなどでも販売されていますよね。

お酒やジュースと割ってもおいしいですし、最近はそのまま飲む方も多いですよね。

これがお掃除に意外と使えるんです。

 

◆ポイント①

炭酸水のシュワシュワ成分である二酸化炭素は汚れを浮かせてくれます。

洗剤に含まれる界面活性剤と同じ効果ですね。

また炭酸水は弱酸性なので、アルカリ性に弱い部材を拭くのにも向いています。

気の抜けた炭酸水でも水自体は弱酸性のままなのでそのまま使うこともできるのがうれしいところです。

◆ポイント②

もちろん、飲料として使っているものなので安全です。

洗剤と違って手荒れの心配もないですし、食べ物を扱うキッチンのお掃除はもちろん、お子様が口に入れたりしがちなおもちゃの汚れを掃除するのにもぴったりです。

88a2271faf7b2a9b3312d0f642e1c5bc_s

炭酸水はスプレーボトルに入れて使うと便利です!

◆フローリング掃除

フローリングにアルカリ性の重曹を使うと変色してしまったり、ワックスが剥げてしまったりします。

かといって酸性の洗剤やクエン酸を使うと木材が傷んでしまいます。

その点炭酸水は弱酸性なので床にもダメージが少ないです。

霧吹きで吹き、マイクロファイバーの雑巾で拭きましょう。

◆窓・ガラステーブル

窓の曇りを取るのに炭酸水はぴったりです。

床と同じく窓に吹き、スクイージーなどをかけましょう。

炭酸水は普通の水よりも乾くのが早く、洗剤なども使っていないので拭き残りが目立ちにくいのもよいですね。

 

そのほかにも台所のシンクやお風呂掃除、さらにはコーティングしてあるテレビやパソコンの画面、畳や木製品といった天然素材の箇所にも使用できます。

 

また、窓やガラステーブルを拭くと油脂汚れの曇りがとれて透明感が出ます。

炭酸水は普通の水より乾くのが早いところもいいですね。

他にも台所のシンクやお風呂掃除など様々な場所に使えます。

c8699fa66d0bc4dd3fa21be41ee74225_s

 

是非、お試しください(^^♪

 

▼ライトハンズの大掃除キャンペーンはこちら!▼
https://right-handz.com/wp/news/post-1959.html
(別ウィンドウが開きます)