BLOGブログ

スタッフ
紫外線☀対策

 

こんにちは。スタッフの高畑です。

最近は暑かったり急に寒くなったりなかなか天気が安定しませんが、これからの時期気になってくるのは紫外線ですね。

6月~7月は特に紫外線が強くなる時期なのでしっかり対策したいところです。

 

ところで、日焼け止めにはSPFやPAというアルファベットとともに数字や+の記号が書いてありますが、どういう意味なのでしょうか。

数字が大きいもののほうがなんとなくいいような気がしますが、実際はどうなのでしょう。

調べてみました。

 

まず、紫外線にはA波とB波とC波、3つの種類があるそうです。

PAはA波を防ぐ数値を表しており、+が多いほど防ぐ効果が高いそうです。

A波は年間通じて同じように降り注いでるので冬でも日焼け止め対策が必要ですね。

 

SPFはB波を防ぐ数値を表しており、

◆あまり外に出歩かない場合(通勤・通学・近所への買い物等)は35程度

◆かなり長く外出する場合(バーベキュー・登山・ウォーキング)は50以上

といった数字を目安にするといいそうです。

 

また、防ぐ効果が強いといっても、長持ちするという意味ではないので、こまめに塗りなおすのもポイントです!

 

ところでC波は・・・・・・?

実はC波は日焼け止めでは防げません。

しかし、C波はほとんどオゾン層で吸収されてしまうので地表にはあまり届かないそうです。

parasol-486963_1920

日焼け止めもいいですが、日傘はファッション性もあってよいですね。

最近はかわいいくオシャレなものや軽量化されたもの、晴雨兼用の日傘もあるのでカバンに一つ入れておくといいかもしれません。